1週間エロ漫画人気ランキングBEST10
NEW!! 新着エロ漫画

親友のカレシに襲われて~ハロウィン編~ [クリムゾン]

 

 

⇒こちらから「親友のカレシに襲われて~ハロウィン編~」を見る

カラミざかり2-無料ネタバレ-155ページ長編!爆発的大ヒット作品続編

カラミざかり2とは

記録的大ヒットを飛ばしている前作「カラミざかり」の続編、最新作になります。

本作品も前回同様、若い4人の男女が性の魅力にドハマりして乱れに乱れます。

4人でヤりまくる前半とはうってかわって、後半には新キャラクターが参入してきますが果たして…

パンチ力のあるエロスが破壊力抜群でフル勃起必至の作品に仕上がっています。
 
今回はその桂あいりさんの「カラミざかり2」のストーリー紹介とエロ漫画レビュー、安心・安全なダウンロード方法について書いていきます。
 

カラミざかり2のあらすじ(ネタバレ)

「カラミざかり2」のストーリーやあらすじを、ネタバレありでエロ画像とともに紹介していきます。

ネタバレするのが嫌な方や、早くエロ漫画が読みたいという方はこちらをタップorクリックしてください。
 

カラミざかり2のストーリー

朝に学校の入り口付近で、吉野貴志山岸高成を見つけるなり挨拶をした。

昨日はまじ最高だったなと、女子である新山智乃飯田里帆を加えた4人で一緒にセ〇クスをした事を話題にした。

2人は処女だったらしく、どちらかの血がベッドについていたということを大声で話す貴志だった。

智乃はそれを見つけるなり貴志の頭をはたいた。学校で自分の処女喪失を大声で喋られたらたまらない。

その横で里帆は赤面しながら恥ずかしそうにうつむいていた。

高成は里帆のオマ〇コに貴志のチ〇ポが入っていく昨日のシーンを思い出していた。

授業中も高成は里帆の裸を思い出したりして上の空だった。

体育の授業が始まる前の休み時間に、貴志は智乃に何やら耳打ちをしてどこかに消えていってしまった。

水泳の授業が始まっても、貴志と智乃の姿は見えない。

もしかしてあいつら…

 

高成の予感は的中していた。

貴志と智乃は男子便所の個室でセ〇クスしていたのだ。智乃はスクール水着を着ていた。

バックからずぷっ、ずぷっとリズミカルに突くと快感が体に走る。

貴志はスク水の脇から手を突っ込み、生のおっぱいを揉みしだきながら智乃のオマ〇コに勃起したチ〇ポを出したり入れたりしていた。

突くたびにぱんっ、ぱんっと乾いた音が鳴り響く。

昨日、高成の精子…飲んだの?と訊ねられると、智乃は恥ずかしそうに…うん、と答えるのだった。

俺のも飲んでよ。

その時プールでは里帆がクロールのタイムを測定している最中だった。

プールサイドにあがった里帆は、スク水に乳首とマン筋が浮き上がっていてとてもエロかった。

貴志は智乃の口の中に射精した。ぢゅるっぢぢゅ…と智乃は貴志の精子を吸い上げる。

口に溜まった精子をゴクンと飲み込む姿を見た貴志は興奮し、そのまま2回戦に突入するのだった。

智乃は教室に戻ると、体調が悪くなって保健室に行っていたと友達に嘘をついた。

貴志は高成に、新山とトイレでヤっちゃったと話すのだった。

新山と話したんだけど、放課後またウチでさ…

と、貴志は智乃と里帆を家に呼んで、昨日みたいにまた4人でエロいことしようぜという提案をするのだった…
 

カラミざかり2の感想レビュー

これは本当にヤバイぐらいエロいですね。

前半は前作の続きのような感じで、貴志が無邪気にエロを貪ります。

高成が飯田さんを気に入っていることを気づかないままに。

 

そして新山さんは高成のことが気になってはいるんだけど、貴志の強引な精力と覚えたての快楽に屈しているような感じ。

飯田さんは…彼女も流されるまま性にハマっていくような感じですね。

後半で新キャラの登場に揺れまくる4人の関係性ですが…

 

終わり方も次にどんな展開になるか、とても気になる伏線がはられますよね。

というかもう3を絶対見たいです。

そんな気分にさせてくれる作品に仕上がってましたね。
 

カラミざかり2をダウンロードして読む

⇒こちらから「カラミざかり2」を見る
 

エロ漫画ダウンロード情報

作者サークル:桂あいり
配信開始日:2019/11/01
ページ数:155ページ
シリーズ:カラミざかり
ジャンル:制服,男性向け,シリーズもの,不良・ヤンキー,鬱,屋外,3P・4P,フェラ,寝取り・寝取られ・NTR,野外・露出,学園もの
 

同人エロ漫画格付け侍によるエロ漫画評価

私が独断と偏見で評価し決定した「カラミざかり2」の格付けは…

【 名人 】です。
 

あわせて読みたい桂あいりのその他のエロ漫画作品

カラミざかり

⇒こちらから「カラミざかり」を見る
 

おすすめの記事